【ゴルフ初心者】トップが激減!原因とその対策

ゴルフ 初心者 トップ 初心者向け
スポンサーリンク
「ここ一番でトップが…」
「ちょっと飛ばそうと思うとすぐトップが出てしまう…」

ゴルフ初心者はどうしてもミスが出がち。
初心者に多いミスが以下の3つ

  • トップ
  • ダフリ
  • スライス

この記事ではトップについて触れていきましょう。
トップが出てしまう原因や、うまく打つための対策方法についてわかりやすく解説していきます。

原因と対策をしっかりと理解できれば、劇的にゴルフがうまくなるかも。。
それでは見ていきましょう。

【関連記事】

ゴルフ初心者必見!ダフリの原因と対策をわかりやすく解説
ゴルフをはじめて間もない多くの初心者が悩まされる「ダフリ」。ダフることでもちろん思い通りにボールを打てませんし、最悪の場合手首やクラブを痛めてしまいます。「なんでダフリが出てしまうのか」「どうすればダフリを克服できるのか」をわかりやすく解説していきます。
ゴルフ初心者必見!スライスの原因と対策はコレだ!!
ゴルフを始めたばかりの初心者はスライスで悩むことが多いです。また、初心者じゃなくてもスライスに悩む人もいます。そんな人に向けて原因と対策をわかりやすく紹介しています。
スポンサーリンク

初心者がトップする原因は2つ

ゴルフ初心者がトップしてしまう原因は大きく分けると以下の2つがあげられます。

【トップの原因】

  • 右側に体重が残っている
  • 遠心力

それぞれがなぜトップを引き起こしてしまうのかを、詳しく解説します。

原因①右側に体重が残っている

ゴルフ初心者がトップする原因の多くが、「右側に体重が残っている」に該当します。

ゴルフでは、テイクバックでクラブをうしろに振り上げたときに、体重も右足よりになります。
そしてダウンスイングと同時に左足側に体重が戻り、フォロースルーでは完全に左足体重となるのが理想です。

しかしトップで悩む初心者の多くは、ダウンスイングで体重が右足側に残ってしまっています。
こうなると、スイングの起動がズレてしまうのでトップが出やすくなります。

体重が右側に残っている場合、ボールを打ったあとにうしろによろけてしまう傾向があります。
フィニッシュで重心が安定していない人は、右側に体重が残っている可能性が高いと言えます。

原因②遠心力

ゴルフのスイングは円運動です。
円運動には、同時に遠心力が働きます。

遠心力はスイングのスピードが上がれがどんどん大きくなり、クラブの軌道が持ち上げられます。
結果的に最下点の位置がボールの赤道ラインよりも上になり、トップしてしまいます。

いつもよりも遠くに飛ばそうとスイングスピードを上げて振った時などに起こりやすい症状。
遠心力が働くと、ダウンスイングで両腕が伸び切ってしまい、両脇の下に大きなスペースが出来ます。

ゴルフでは、脇のしまったコンパクトなスイングがよいとされています。
脇の下にヘッドカバーやタオルなどを挟んで、スイングしてみるとコンパクトなスイングを習得できるので、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

トップをなくすための対策

ゴルフ初心者がトップをなくすための日頃の練習から効果的な対策を実践する必要があります。

ここでは以下の3つの対策を紹介します。

  • グリップを少しだけ長めに持つ
  • 縦回転のクラブ起動
  • 打ったあとに歩く

ではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

対策①グリップを少しだけ長めに持つ

最初のトップ対策は、グリップの位置を調整するだけ。

クラブを長く持てるギリギリの位置で普段から握っている人は、それ以上長くすることはできませんが、もし余裕がある人は1センチ程度長く持ちましょう。

何度も言いますが、トップはボールの赤道ラインよりも上にクラブが当たることで起こります。
では、赤道ラインよりも下で当てるにはどうしたら……

グリップを長くすれば、単純に同じスイングをした場合に赤道ラインよりも下にクラブが当たりやすくなります。

もしかしたらクラブを長く持つだけでトップが治るかもしれません。
まずは、この対策方法を試してみましょう。

対策②縦回転のクラブ起動

次に紹介する対策は、クラブを縦回転の起動でスイングすること。

トップの原因の一つに遠心力を解説しましたが、スイングが縦回転に近ければ遠心力によるクラブの浮き上がりを回避できます。
クラブが浮き上がらないので、結果的にトップが出にくいというわけです。

縦回転のクラブ起動をするには、テイクバックから縦方向に振り上げる必要があります。
この時に右腕の力をなるべく使わずに、上半身を捻ることを意識するとよりよいでしょう。

少し難易度の高い対策ですが、練習場で意識しながら打ってみると、意外とうまく打てるはず。
縦回転のスイングは以下の動画を参考にするとわかりやすいはずです。

対策③打ったあとに歩く

最後に紹介するのは、打ったあとに歩くという対策方法。
トップの原因の多くが右足に体重が残ることで起こりますが、それを歩くことで解消できます。

いつも通りかまえて、そのまま打つだけ。
ただし打ったあとは、前方に歩き出します。

練習場ではそのまま歩き出すと「入ってはいけないゾーン」に侵入してしまいますので、右足を一歩前に踏み出すだけでOK!

これだけで体重が右側に残ることがなくなり、トップの悩みを解消できるはずです。
以下の動画がわかりやすく解説していのでしょうかいします。

スポンサーリンク

まとめ

ゴルフ初心者にとってトップは悩みの種。
ダフったと思って、意識したら今度はトップが出たなんてことも経験があるでしょう。

トップの原因の多くは、右足に体重が残ることで起こります。
また、スイングによる遠心力でクラブが持ち上げられてトップとなることも。

トップの対策方法は

  • グリップを少しだけ長めに持つ
  • 縦回転のクラブ起動
  • 打ったあとに歩く

これらを練習場で実践し、ぜひトップの悩みを解消しましょう。

タイトルとURLをコピーしました