【必見】ゴルフ初心者が知っておきたいルールはコレだ!

ゴルフ 初心者 ルール 初心者向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴルフでは最低限知っておきたいルールがある

初心者でも知っているでしょうが、ゴルフは出来る限り少ない打数(スコア)でラウンドできるかを競い、楽しむスポーツです。
初心者にとっては意外かもしれませんが、実はボールに当たらずに空振りをしてしまっても、スコアが+1とカウントされてしまいます。
(素振りはスコアにカウントされませんので、安心しましょう。)

ここでは、初心者が実際にゴルフのラウンドで最低限知っておかなければならない基本のルールを紹介していきます。

また、ゴルフ初心者の為の知っておきたいマナーもこちらで紹介していますので、ぜひ参照ください。

ゴルフの初心者のためのマナー講座!知らなきゃ大変!
ゴルフには初心者が事前に知っておかなければならないマナーがあります。ゴルフ場や仲間、そして自分が不快な気分にならないように、しっかりと勉強しておきましょう。
スポンサーリンク

OB(アウトオブバウンズ)の場合のルール

ゴルフ ルール

OBは通称オービーと言われ、ゴルフにおいて各ホールに定められた規定のラインよりも外に打球が出てしまうことを言います。
初心者にとっては各ホールの境目であると言った方がイメージしやすいかもしれません。
OBのラインは多くのゴルフ場で、白い杭を打って境界を示しています。

実際にラウンド中にOBになってしまった場合の処置を紹介します。

第1打(ティーショット)がOBとなった場合のルール

第1打(ティーショット)がOBとなった場合のルールは、ペナルティとして1打スコアに加算されます。
そして、第3打として再度同じ場所から打つことになります。
仮に連続でOBを打ってしまった場合は、
第1打⇨第3打⇨第5打⇨第7打⇨・・・・・となります。

しかし、初心者がラウンドする場合には多くの場合でローカルルールが設定されています。
ローカルルールが設定されている場合には、第1打がOBだった場合は前進ティーから第4打として打つことができます。
前進ティーのことをプレーイング4と言い、初心者含めてゴルフを楽しむアマチュアにとってありがたい救済処置となります。

例)380ヤード:パー4

  • 第1打:ドライバーでOB
  • 第4打:プレーイング4から残り130ヤードでグリーンオン
  • 第5打:パターでカップに寄せる
  • 第6打:カップイン(ボギー)

第2打以降がOBとなった場合のルール

ゴルフ ルール

第2打以降がOBとなった場合のルールは、ペナルティとして1打スコアに加算して、再度OBの打球を打った場所から打ちます。
第2打でOBを打ってしまった場合には、第4打として同じ場所から打つ必要があります。
当然この場合も連続でOBを打ってしまった場合には、
第2打⇨第4打⇨第6打⇨第8打⇨・・・・・となります。

OBを打つとペナルティがあるので、初心者に限らずコースの中にボールを残すことがとても大切になりますね。
また、初心者はペナルティというルールがあることを認知して、スコアを記載し、仲間に申告する必要があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

バンカーの中では、クラブを砂にソール(接地)してはいけない

ゴルフ ルール

初心者にとって、見逃しがちなルールがバンカー内でのクラブのソール(接地)です。
もちろんフェアウェイやラフなどでは、クラブは芝にソールしてOKです。
しかし、バンカーでは打つ前に砂にソールすることはペナルティの対象となり、2打罰となります。
仮にパー4のホールで、4打でカップインしたとしても、2打目の際にバンカーでソールをしていたら、2打スコア加算されてしまい、そのホールのスコアは6打となりダブルボギーとなります。
このルールは、初心者は特に見落としがちなルールですので、気をつけてラウンドする必要があります。

スポンサーリンク

空振りをした場合のルール

ゴルフ ルール

空振りをした場合のルールは、特別ペナルティを受けることはありませんが、空振りも1打とみなされます。
ゴルフ初心者は案外この空振りをしてしまいがちです。
第2打を打とうとした際に空振りをしてしまった場合、実際にボールには触れていませんが、次は第3打として打つことになります。
ただし、素振りはもちろん空振りとはみなされないので安心してください。

スポンサーリンク

ボールが池に入ってしまった場合のルール

ゴルフ ルール

ボールが池に入ってしまった場合のルールは、ペナルティとして1打スコアに加算することになります。
池に入る際に最後に横切った地点と、グリーン上のピンを結んだ線上にドロップして次打を打つことになります。
例えば、2打目を池に入れてしまった場合は、池に入ったラインとピンを結んだ線上にドロップして4打目として再開することになります。
初心者は、何かと池に入れがちなので、少し難しいですがしっかりとルールを把握してからラウンドする必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

ゴルフ初心者が知っておくべきルールを説明していきました。
ここで紹介した以外にも、ゴルフには多くのルールがあります。
しかし、初心者がその全てを把握するのは大変ですし、その必要もありません。
最低限のルールを把握しておけば初心者も楽しくラウンドすることができますので、安心してください。
ゴルフは経験が大切ですし、全てのゴルファーが最初は初心者でした。
今初心者の人も多くの経験を重ねて、きっと上手いゴルフを手に入れることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました