ゴルフ初心者にとって飛距離を把握することは上達への第一歩!

ゴルフ 初心者 飛距離 初心者向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴルフにおいての飛距離の目安

ゴルフ 初心者 飛距離

ゴルフ初心者の多くは、なかなか飛距離が伸びなかったり、飛距離が安定しなかったりと悩みが多いはずです。
そして気になるのが、それぞれのクラブの飛距離の平均はどのぐらいなのか?ということ。
平均の飛距離が把握できていると、その目安となる飛距離を目標に練習できます。
打ちっ放し場で、やみくもにボールを打つよりもより効果的な練習となり、上達も早くなります。
ここでは、男性・女性それぞれで、「飛ばない」「平均的」「飛ぶ」人の目安を紹介します。
これから上手くなっていく初心者の目安となるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ウッド

ゴルフ 初心者 飛距離

ゴルフで一番飛距離を出すことのできるクラブはドライバーです。
初心者に限らず、ドライバーでナイスショットを打つと、一段と気分が良いものです。
ドライバーを含めたウッド系のクラブ飛距離の目安がこちらです。

ゴルフ 飛距離

アマチュアゴルファーのドライバーでの平均飛距離は、男性:220ヤード・女性:175ヤードとなります。
初心者は特に自分がどの程度の飛距離が出せるのか、あまり把握できていないことが多いです。
例えば、「ドライバーはだいたい把握しているけれど、5番ウッドではどのぐらいの飛距離かわからない」という人もいます。
自分の飛距離を把握しておくことが、ゴルフでのスコアを良くする第一歩となります。

ちなみに、ドライバーでの飛距離の目安は計算でも出すことができます。
ドライバーのヘッドスピード×5.5をすることでだいたいの飛距離目安を算出できます。
例えば男性アマチュアゴルファーの平均ヘッドスピードは40m/sになるので、
40(m/s)×5.5=220ヤード
となるのです。

スポンサーリンク

ユーティリティ

ユーティリティはもともとロングアイアンの代わりとなるクラブとして開発されました。
ロングアイアンは初心者はもちろん多くのアマチュアゴルファーにとって扱いが難しく、フェアウェイウッドとアイアンとの間のクラブとしてユーティリティは活用されます。
ですので、フェアウェイウッドよりは飛ばないけれど、アイアンよりは飛ぶクラブという認識がわかりやすいかもしれませんね。
ユーティリティの飛距離の目安がこちらです。

ゴルフ 飛距離

ユーティリティはアイアンやフェアウェイウッドと飛距離が重なる所があります。
初心者含めて全てのゴルフをする人に言えますが、自分が打ちやすいと感じるクラブで打つという選択をすれば大丈夫です。
先にも言いましたが、ロングアイアンは難しいので、初心者は積極的にユーティリティを多用することをオススメします。

スポンサーリンク

アイアン

ゴルフ 初心者 飛距離

アイアンは大きく分けて「ロングアイアン」「ミドルアイアン」「ショートアイアン」と区別することができます。

  • ロングアイアン:2~4番アイアン
  • ミドルアイアン:5~7番アイアン
  • ショートアイアン:8~9番アイアン、ウェッジ

近頃のゴルフでは先に紹介したフェアウェイウッドやユーティリティを使用することが増えた為、必然的にロングアイアンを使う人はかなり少数派になりました。
ゴルフショップに行っても、アイアンセットは5番〜ピッチングウェッジまでの6本セットが主流です。
ゴルフ初心者の人も同様に、アイアンは5番までにして、それ以上はユーティリティやフェアウェイウッドを用意することをオススメします。
ロングアイアンを使用する人はほとんどいないので、飛距離目安は割愛します。

ミドルアイアン

初心者も認識して欲しいのが、ミドルアイアンは基本的にピンポイントで狙うクラブではないということです。
5番アイアンや6番アイアンでピンを狙うのはかなり難しいのです。
どちらかというとピンではなく、グリーン全体を狙うイメージが正しい選択です。
初心者もミドルアイアンではある程度広いターゲットを狙うようにしましょう。

ゴルフ 飛距離

一般的にアイアンの飛距離は10ヤード刻みが理想と言われています。
初心者の多くは、ミドルアイアンの飛距離があまり変わらないという人が多くいます。
ここで紹介している目安の飛距離にして、初心者は練習してみましょう。

ショートアイアン

ショートアイアンはミドルアイアンと違って、ピンポイントで狙っていきたいクラブです。
初心者も、グリーン全体を狙うというよりは、ピンを狙ってショットを打つことを意識しましょう。
ショートアイアンの正確性で、スコアが決まってしまうと言っても過言ではないぐらい重要なクラブです。
初心者は確実にショートアイアンの飛距離を把握して、距離感覚を練習しましょう。

ゴルフ 飛距離

ショートアイアンはフルスイングしない状況が多々あります。
フルスイングの飛距離だけではなく、7割・5割といったスイング幅での飛距離など細かい情報を把握しておく必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

ゴルフでスコアを良くするためには、自分の飛距離を把握しておかなければいけません。
特に初心者は打ちっ放し場で、特定の番手のクラブしか練習しないなどといったケースも見受けられます。
自分の持つ全てのクラブでしっかりと練習し、自分の飛距離をマスターしましょう。
その際に、ここで紹介した飛距離の目安がきっと役に立つでしょう。
初心者でも、飛距離の正確性を意識して練習すればより早く、上手いゴルフを手に入れることができるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました