【必見】初心者が知っておきたいゴルフ用語

ゴルフ用語 初心者 初心者向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴルフ用語

ゴルフには日常ではあまりなじみのない、ゴルフ用語があります。
ゴルフ初心者にとっては、意味のわからない言葉が多く並び、なんとなく聞き流してしまったりすることもあるでしょう。
そんな初心者が知っておけば大丈夫と言えるゴルフ用語を紹介します。
もちろん経験者にとっても、確認の機会になるのでぜひ読んでみて欲しいです。

また、初心者のためのゴルフのマナーをこちらで紹介しています。
よかったらこちらも確認してみましょう。

 

ゴルフの初心者のためのマナー講座!知らなきゃ大変!
ゴルフには初心者が事前に知っておかなければならないマナーがあります。ゴルフ場や仲間、そして自分が不快な気分にならないように、しっかりと勉強しておきましょう。
スポンサーリンク

【ヤード】

ゴルフ用語

ゴルフでの距離の単位が「ヤード」になります。
それは初心者も理解している人が多いでしょうが、1ヤードは何メートルなのでしょう?
1ヤード=0.9144メートル≒約90センチなのです。
なのでヤードをメートルに表すと、

  • 10ヤードは9メートル
  • 100ヤードは90メートル
  • 200ヤードは180メートル
  • 250ヤードは225メートル

こんな感じになります。
ゴルフにおいては、基本ヤードで表現するので、初心者もヤードでの距離感覚を把握できるようになる必要があります。

スポンサーリンク

【ラウンド】

ゴルフ用語

ゴルフ場で18ホールをプレーすることを1ラウンドといいます。

  • 1番ホールから9番ホールまでの9ホールのことをOUT(アウト)コース
  • 10番ホールから18番ホールまでの9ホールのことをIN(イン)コース

と表現します。
初心者も実際にゴルフ場にラウンドに行くと目にする言葉なので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

【フック】

ゴルフ用語

初心者に限らず、アマチュアゴルファーやプロもボールが曲がります。
曲がる方向や、曲がり幅によって呼び名が変わります。

右打ちの人の場合に、ボールが左方向に大きく曲がって飛ぶ球筋のことをフックと言います。左打ちはその逆。
フックほどは曲がらず、軽く左方向に曲がって飛ぶ球筋のことをドローと言います。

一般的にフックよりもドローの方が飛距離ロスが少なく、理想的な球筋と言えます。
男子プロで言うと、石川遼プロや星野陸也プロなどがドローヒッターです。

スポンサーリンク

【スライス】

ゴルフ用語

スライスはフックの反対です。
右打ちの場合に、ボールが右方向に大きく曲がって飛ぶ球筋のことをスライスと言います。左打ちはその逆。
スライスほど曲がらず、軽く左方向に曲がって飛ぶ球筋のことをフェードと言います。

ドローと同様にスライスよりもフェードの方が飛距離ロスが少なく、理想的な球筋と言えます。
男子プロで言うと、タイガーウッズプロや松山英樹プロなどがフェードヒッターです。

スポンサーリンク

【フェアウェイ】

ゴルフ用語

ゴルフ場でのラウンドの際に、コースなりに芝の長さが短く均一に刈られた箇所をフェアウェイと言います。
基本的にフェアウェイからのショットは打ちやすく、できれば常にフェアウェイから打てることが理想とされます。
初心者も実際のラウンドでは、フェアウェイにボールを置くことを意識していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

【ラフ】

ゴルフ用語

フェアウェイの左右や、グリーン周りなどの芝の長さが長い箇所をラフと言います。
ラフにボールが入ると、芝の中にボールが埋まってしまうこともあり打ちにくい場合があります。
基本的にラフにボールが入らないようにしたいのですが、もし入ってしまったら初心者は無理をせずにまずフェアウェイにボールを戻すことを意識すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【パー】

ゴルフ用語

ゴルフには各ホールに「この打数でカップインしたい」という規定打数が定められています。

  • パー3(パースリー)の場合には規定打数が3で、3打でカップインしたらパー
  • パー4(パーフォー)の場合には規定打数が4で、4打でカップインしたらパー
  • パー5(パーファイブ)の場合には規定打数が5で、5打でカップインしたらパー

初心者含めて多くのアマチュアゴルファーは各ホールでパーを目指してラウンドします。
プロや、アマチュアの上級者はパーよりもスコアの少ない打数のバーディやイーグルなどを目指すこともあります。

スポンサーリンク

【オナー】

ゴルフ用語

オナーとは、そのホールでティーショットを最初に打つ権利を持つ人のことを言います。
同伴競技者の中で前のホールのスコアが最も良かった人がオナーとなります。
もし、前のホールでのスコアが同じ場合には、前の前のホールにさかのぼって、良いスコアの人が先に打つのが基本的なルールになります。

初心者は1ラウンドの中で、1度はオナーになりたいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

初心者にとってゴルフ用語はあまり馴染みのない言葉が多くあります。
しかし、その意味を理解していればよりゴルフを楽しむことができますし、ゴルフへの理解が深まります。
またゴルフ用語を理解していない場合、一緒にラウンドする仲間に不愉快な思いをさせてしまうかもしれません。
しっかりとゴルフ用語を理解して、楽しくゴルフをしたいものです。
初心者も、多くの練習と経験を重ねて、うまいゴルフを手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました